ウーマン

頭痛は悩まず医療機関へ|薬でパッと解決ナビ

誰しもが経験する病気

頭を抱える女性

頭痛の多くを占めるものに片頭痛があります。痛みは周期的にやってくるものが多く、ストレスから解放されリラックスした状態である休日に悩まされることも少なくありません。市販薬で改善されない場合には医師に診断を受ける必要があります。

Read More...

頭の痛みの対処法

シニア男性

頭痛は体の構造的に男性よりも女性に多く、頭痛の種類も偏頭痛と緊張型に分かれます。市販薬では効かないこともあるので、薬剤師に相談したり病院で処方してもらった薬を服用するほうが安心して飲めることがあります。

Read More...

頭の痛みと対処法

医療

頭痛の種類には様々なものがあります。市販薬は痛みを鎮める鎮痛剤の働きはありますが、血管を収縮させる働きはありません。女性に多い片頭痛など、血管が拡張することで起きる頭痛には病院で処方される血管を収縮させる薬が効果的です。

Read More...

頭の痛みとの付き合い方

うつ向く女性

頭痛薬は月に15日くらい服用すれば使用過多による頭痛が起きる可能性があります。出来れば10日以内の服用に抑えるべきです。プロピオン酸系は、頭痛だけでなく他にもいろいろな鎮痛作用や抗炎症作用があるので人気です。

Read More...

頭が痛くてお悩みの方へ

医療

生活を改善してみましょう

週に何度か頭痛がする、あるいは連日のように頭が痛むということはありませんか。そのような場合は、偏頭痛もしくは緊張型頭痛であることが多いものです。前者は週に何度か、しかも文字通り頭の片側が主にずきずき痛みます。このような時は患部を冷やし、暗い部屋で横になっていることをお勧めします。また後者の方は、毎日のように起こることの多い頭痛で、頭の両側から締め付けられるように痛みます。痛みは偏頭痛よりも重いものです。このような時には、患部を温めることで痛みが緩和されることがあります。ですから、お風呂にゆっくりつかったり、マッサージなどで頭から肩の凝りをほぐすといいでしょう。その他にも生活リズムが乱れることで、元々頭痛がなかったのに痛み出したり、あるいはより痛みがひどくなったりすることもあります。まず規則正しい生活や十分な睡眠を取り、ストレスをうまく解消するようにしてください。それから、栄養バランスのいい食事を摂り、特に偏頭痛の場合はアルコールはほどほどにしておきましょう。ちょっと意外ですが、コーヒーを飲むことで頭痛を緩和できることもあります。ただしカフェインは中毒になりやすいので、適量を心がけるようにしましょう。

鎮痛剤の飲みすぎに注意

それから頭痛が起きた場合は、最初は自分で市販薬で治そうとする人が多いものです。もちろん市販薬で治ってしまえばそれに越したことはありません。しかし、市販薬の効き目を実感しないまま使い続けると、かえって体に耐性がついてしまい、市販薬だけでなく病院からの処方薬も効果が薄れてしまうのです。こういった状態は薬物乱用頭痛と呼ばれ、薬を大量に服用しないと薬効が感じられない状態にまで、体の感覚が麻痺してしまうこともあります。もちろん大量の服薬は危険も伴うため、こうならないためにも市販薬選びは慎重に行う必要があるでしょう。市販薬をある程度飲んでも効かない時には、病院に行って薬を処方してもらうことが重要です。また薬物乱用頭痛を治すには、しばらくの間薬を中断します。最初は吐き気などがして辛く感じますが、その後段々と元の状態に戻って行きます。ある程度戻った状態で、改めて治療をするようにします。それから、吐き気やめまいなど他の症状がひどいとか、医師の処方した薬を飲んでも治らない時は、他の病気が原因で頭痛が起きていることもあります。頭痛は脳疾患や循環器疾患など、様々な病気の症状として現れることが多いため、なかなか治らない時には検査を受けるようにしましょう。この場合は、脳神経科や内科、心療内科などで診察を受けるとスムーズに発見・治療が出来ます。